What is Aromatherapy・・・アロマテラピーって何?
エッセンシャルオイルを使って心身を健やかにする自然療法です!
アロマテラピーは、植物から採れる100%天然のエッセンシャルオイルを使い、心と身体のバランスを整える自然療法です。フランス語で、アロマは‘芳香’テラピーは‘療法’を意味し、アロマテラピー=芳香療法と訳されています。(英語では同じ綴りで、アロマセラピーと読みます) これは、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセ氏が実験中に火傷を負い、そばにあったラベンダーのエッセンシャルオイルに手を浸したところその回復力の早さに驚き、エッセンシャルオイルの薬理効果の研究を始めアロマテラピーと名付けたのです。
アロマテラピーは、エッセンシャルオイルの香りを嗅いだり身体に塗布することにより、植物のパワーが全身に伝わってアンバランスになってる心身を整えてくれます。 たとえば・・・ストレスを感じた時ネガティブな感情が脳に伝えられ、それを司るホルモンが分泌され
自律神経を刺激し、血圧や食欲などに変化が生まれます。ネガティブな感情が続くと身体にも悪影響を与えます。感情と身体は密接につなっがているため、‘心の病’が‘身体の病’を引き起こしてしまうのです。
知らない間に積もっていく疲れやストレスはとても危険です!

一日の疲れやストレスで緊張している心と身体は、その日のうちにアロマテラピーで解放してあげましょう。


back



How to Aromatherapy・・・どうすればイイの?
おはよう〜おやすみまで・・その時に合わせて香りが楽しめます!
芳香浴・・・いつでも・どこでも手軽に香りを楽しめる方法です。
エッセンシャルオイルの香りの分子がダイレクトに大脳に働きかけたり、呼吸する事により鼻や口から肺に入り肺胞の粘膜の抹消血管から吸収され全身に働きかるダブルの効果があります。


アロマバス・・・一日の疲れを洗い流すリラックス・バスタイムには、エッセンシャルオイルの効果が発揮されます。
エッセンシャルオイルの有効成分が、経皮吸収と呼吸器系と神経系のトリプルで吸収する『一石三鳥』のアロマテラピー効果が期待出来ます。
また、エッセンシャルオイルだけではお湯の表面に浮くので、乳化剤(大匙 1〜2杯)として粗塩・ハチミツ・フレッシュなどに入れて溶かすことをお勧めします。 また乳化剤を加える事により素材の効果も楽めます。

アロマトリートメント・・・心身の疲れを、手のぬくもりと香りで癒します。
エッセンシャルオイルや植物油はとても分子が小さく、表皮と真皮の間にあるバリアゾーンと呼ばれる保護膜も通過し皮下組織まで浸透する事が出来ます。
植物油でエッセンシャルオイルを1%以下に希釈して、肌に優しく塗布します。(顔など敏感な部分には、0.5%以下に希釈して下さい)エッセンシャルオイルの効果だけでなく、植物油に含まれるビタミン類・蛋白質・ミネラル分が保湿力にれ皮膚をなめらかに柔らかくしてくれます。

back
Select of Essential Oil・・・たくさんあるけど、どれを選べばイイの?
一番大切なのは『好きな香り』を見つける事です!
リラックスしたいのに・・・本で読んだり勧められたりした香りが好きじゃなかったら反対にストレスがかかってしまいます。
そんな時は、リラックス系のエッセンシャルオイルの中から自分にとって違和感の無い香りを探して下さい。
香りを嗅ぐだけで、どうしてリラックスしたりリフレッシュしたりするのかそのメカニズムのお話をしますね。
ちょっとややこしいけど・・・香りの分子が、鼻の奥にある嗅上皮でインパルス(電気信号)になって大脳に伝わります。大脳の中でも大脳辺縁系に働きかけ、自律神経・免疫系・ホルモン系の働きを整えてくれます。
エッセンシャルオイルの持つ芳香成分により働きかける部分(海馬・縫線核・扁桃など)が違うので、それぞれその部位の神経伝達物質(脳内ホルモン)の分泌が促されます。たとえばラベンダーオイルに含まれる酢酸リナリルが縫線核に働きかけ、神経伝達物質のセロトニンの分泌を促しリラックスへと導いてくれるのです。     
エッセンシャルオイルは100種類以上あるといわれていますが、ここではベーシックなエッセンシャルオイルを
心のレシピ&身体のレシピ分けてとりあげます。

back



Instructions on Aromatherapy・・・気を付ける事ってあるの?
自然のものは全て安全だと思いがちですが、いくつかの約束事があります!
*エッセンシャルオイルを保存する時は気を付けましょう。
 ・揮発性なのでキャップをきっちり閉めて、直射日光の当たらないところ保存しましょう。
 ・子供やペットの手の届かないところに保存しましょう。
 ・開封後1年(柑橘系のエッセンシェルオイルは6ケ月)以内に使いきりましょう。

*エッセンシャルオイルは、原液では使わないで下さい。

植物の有効成分が濃縮されているので必ず希釈(0.5%〜2%)して下さい。
*初めて使うエッセンシャルオイルは、パッチテストで試して下さい。
10mlの植物油に1滴のエッセンシャルオイルを入れ腕の内側に塗布し12時間様子を見て変化がなければ大丈夫です。

赤みや痒みが出た時エッセンシャルオイルではなく、ごくまれに植物油に反応する場合があるので少し時間を空けてから植物油だけでパッチテストをしてみて下さい。
*妊娠中や持病のある人は、使えないエッセンシャルオイルがあります。
ホルモン分泌を活発にしたり腎臓や循環器など
活性化する働きがあるので身体に負担をかけてしまいます。
*子供には使用量を調節しましょう。
6歳以下は刺激の少ないエッセンシャルオイルを選び芳香浴のみとし、7歳〜14歳までは大人の1/3〜1/2の使用量で14歳以上は大人と同じ使用量です。
*柑橘系のエッセンシャルオイルには気をつけましょう。
ベルガモット・レモン・マンダリン・グレープフルーツなどの柑橘系のエッセンシャルオイルの成分には、紫外線にあたると皮膚に痒みが出たりシミになったりする“光毒性”があります。昼間のケアーには使用した時は、6〜8時間は紫外線にあたらないようにしましょう。
アロマテラピーは、エッセンシャルオイルの品質で決まります。あまり安いオイルには、不純物が混じっていたりする場合があるのでそれが皮膚刺激やトラブルの原因にもなります。解らない事などあればお店の人にアドバイスしてもらいましょう。
品質の良いエッセンシャルオイルや、行きやすいお店に出逢えるとイイですね!

top