アロマテラピーの根幹!

精油の蒸留
(水蒸気蒸留法)


植物と水を入れ香りを気化し
気化した成分を冷却すると
再び液体化して
精油と芳香蒸留水になります。





蒸留器はコーヒーサイフォンのようです(^^)


動く事の出来ない植物が
自然界の中で自分の身を守り
種の保存のために
人に例えると“ホルモン”のような物が
精油(エッセンシャルオイル)と言われています。





水より軽い精油は
芳香蒸留水の上に浮いています。



これを丁寧に取り分け・・・
私達の手元にやって来るのです♡



植物のエネルギーがギュッと詰まった
“命のしずく”


最後の一滴まで
(*^^)v 大切に使ってくださいね。